団体信用生命保険

みなさんこんにちは

ブログ担当の尾崎です

さて今回は「団体信用生命保険」についてご説明したいと思います。


住宅を購入して住宅ローンを組む際、返済中に働けなくなったり、

収入が減ったりしたらどうしよう と考えられる方も多いのですが、

この保険は、住宅ローンの契約者様が返済中に亡くなられたり、

高度障害といった不測の事態に陥られた場合に、

住宅ローンの残債分を肩代わりしてくれます。



万が一の事があっても、その後の住宅ローンの心配をしなくてすみます。

こちらは基本的に住宅ローンに付随している保険となります。



各金融機関で様々な特徴がありますが、

現在キャンペーン中の金融機関をご紹介いたします




福岡銀行「がん保障金利上乗せ0%」


福岡銀行の住宅ローンを新規で借入されると、

「がん保障特約付住宅ローン」の金利上乗せが0%になります。

通常0.2%の金利が上乗せされるケースがほとんどです。



仮に変動金利0.975%で2,500万円を35年で借入した場合、

金利が0.975%と1.175%(0.2%金利上乗せ)の場合を比較すると、

総支払額が100万円程変わります。



団体信用生命保険に加え、がんと診断された場合、

住宅ローンの残債は0円になります。



さらに治療のための一時金が給付される がん治療サポートや、

配偶者の入院サポート等も付随していますので

大変お得な内容になっています。



適用条件等、所定の条件がございますので、

詳しくは係員、もしくは金融機関までお問い合わせ下さい




金融機関によって特徴が異なりますので、

随時、お得な情報をご紹介していたいと思います


では次回更新をお楽しみに

スポンサーサイト
Category : 未分類
Posted by yukuhashiekimae on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。